▼商品詳細
ビークワ50号(609)
|画像A|画像B|画像C|画像D|画像E|画像F|画像G|
[会員価格]ログイン時表示
価格\1,315(税別)

注文数
☆ビークワ50号

【メール便なら送料無料】
メール便でご注文いただく場合は、カゴに入れた後、「発送形態」で「メール便」を選択してください。
これで送料は無料になります。


内容:記念すべき50号の巻頭特集は、人気種を何種類も排出しているインドを取り上げた『インドのクワガタムシ大特集!!』です。

インドのクワガタ と言えば、まっさきに思いつくのはインドアンタエウス、そして現在のクワガタ飼育界の最高峰として君臨するウエストウッドオオシカ、フタマタクワガタの中 でも希少さではダントツのボーリンフタマタ、飼育ギネスでも110oに迫ろうかというサイズの出ているブルマイスターツヤなど、人気種を挙げていけばキリ がないほど懐の深い国です。

そして、いまだに毎年、新種が出続けているのもインドならでは。
今回の特集では日本国内の出版物ではまだ掲載されたことがない、スゴい形をした異形ミヤマであるウェムケンミヤマをはじめ、つい最近中国人研究者によって命名されたライヒ系ヒラタクワガタなども複数紹介。
巻頭執筆 を担当した前田健氏のリアルな現地エピソードなども盛りだくさんの、冬場にしては贅沢な特集となっています。

巻頭にからめた飼育記事も、ウエストウッドオオシカ、ボーリンフタマタ、ヒマラヤ系アンタエウスの3本をそろえました。
飼育方法がよくわからなかったウエストウッドも「羽化させる」から「飼育ギネスを狙う」にシフトして、これからますます盛り上がること間違いなし。
ボーリンもクセが強くてなかなか飼育が うまくいかない人も多いかと思いますので、今回の記事を参考にしていただければと思います。
最後にヒマヤラ系アンタエウスでは、久しぶりに飼育ギネスを更 新した方が執筆してくれました。これはもうホント、必見です。

巻頭以外の記事でとくに注目は、1年前に告知した「僕の私の自慢写真コンテスト」の発表。
皆様から寄せられたさまざまな自慢写真、その中にはストレートなものからマニアックなものまでいろいろです。

また、毎年恒例のちびギネス&♀ギネスは、今回からカブトムシも一緒に開催することになりました。
えっらいのがいくつか来ています。

ビークワ50号を読めば勝手に体が熱くなりますので、真冬の寒さも乗り切れることでしょう!

他にも遠いアフリカからゴライアスオオツノハナムグリの現地情報や、年末年始に東京から来るまで鹿児島まで行った採集記など、今回のビークワも盛りだくさんの内容でお届けいたします。
在庫切れ

口コミ情報(0件)

▲商品一覧に戻る
▲メニューに戻る
オオクワキング